読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飯田のバリスタ日記

シドニーでの生活ぶりを報告するブログ。

29日目・禁煙19日目

生活 留学

おはようございます。
昨日は深夜に帰ってきて疲れ果てていたので更新できませんでした。
昨日はイベント盛りだくさんでして、朝からかよこさんのバースデーパーティーに行ってきました。
場所は「Pirrama Park(ピラマ公園)」という、海の景色を楽しめるおしゃれな公園。

位置的にはダーリング・ハーバー方面でちょっと遠い。


ここには無料で使えるバーベキューコンロが設置してあるのです。

許可とか要らないので誰も使ってなかったら勝手に使ってOK。
かよこバースデーはみんなでバーベキューとなりました。
しかし、この日も問題発生。
朝、学校前でオースティンと待ち合わせして一緒に行こうとしていたのですが、バスが来ないから先行っててと連絡が。
おやおや?と思ったが、連絡よこしてくるだけましかと思い先にピラマに向かうことに。
ピラマについて、早速バーベキュー開始。
1時間、2時間とどんどん時間が過ぎてゆくがオースティン現れず。
ああ、これは来るの諦めたなと。
さすが南米系、自由すぎるよ。
結局、オースティンから何も連絡がこなかったので我々も諦めました。
昨日からオーストラリアはサマータイムに突入したので、日本との時差が2時間になりました。
サマータイムになると時計の針を1時間進めるんです。
そのせいか、昨日はものすごく暑かった。
サマーに突入したのを身をもって体感しました。
でも、絶好のバーベキュー日和となりました。
暑かったけど、水辺が近いので癒される。

肉のにおいを嗅ぎつけたお散歩中のわんちゃん。

準備の様子。

この日はアジア人しかいなかったので、具材が割とヘルシーになった。

白人ばっかだったら肉オンリーになってたね。
集合写真。真ん中がかよこさん。

日本人、韓国人、タイ人で構成された完全にアジア人オンリーバーベキュー。
帰りはみんなで、ダーリング・ハーバーを散策。


やっぱり人気観光地で人が多かったけど、綺麗な眺めでなかなか良い場所だった。

シティに戻り、一旦解散。
夜、再集結してクラブに行くことに。
夜からはいきり君が参加する予定だったので、自分も夜に向けて寝たりエナジードリンクを飲んだりと気合を入れて挑んだが、まさかのいきり君不参加。
理由は謎。
仕方ないのでとりあえずクラブに向かうことに。
店内に入ると、もう熱気と圧がすごい。
外人たちが踊り狂っているのだ。
日本のクラブとは違う、本気の腰ふりダンスを繰り広げている。
圧倒されて写真撮るの忘れた。
とりあえず、ビール買って勇気を出してダンスフロアの中に突入。
白人のお姉さん方に髪の毛をわしゃわしゃされておもちゃにされて何も出来ずに撃沈。
これで一気に疲れて、一緒にきた美人さんたちと隅の方で静かに飲むことにしました。
隅っこで飲んでると、ポシュが連れて来たドブスデブのタイ人女(同じクラス)がすげー絡んで来て(やたらとボディタッチ)うざかったので彼女の耳元で日本語で「あっちに行けドブス」と悪意を持って言い放ったが、何を勘違いしたのかずっと腕を揉んで来て手が出そうになったけど、そこは紳士に対応して彼女をダンスフロアの中心に連れてってそのまま放置した。
もみくちゃにされながらめっちゃ踊っててメンタルすげえなとちょっと感心した。
絡まれてる時に何気なくそいつのiPhoneをみたら壁紙がモデル風に撮った自分の写真で、またその写真が憎たらしく写っていて、心の中が憎しみと悲しみで溢れかえったね。
クラブに行く前はみんなオールする気持ちだったけど、クラブ来たらもう傍観するしかなくて結局0時半くらいに解散しました。
だけど、僕がちょっと苦手な熱血君とジャスティン・ビーバーのマサ君は酔っぱらっていて踊り狂っていたので放置してきちゃった。
解散したのはいいのだが、日曜はバスの本数が激減するので余裕で最終バス逃してしまった。
仕方ないので、電車でチャッツウッドというホームステイ先寄りの町まで行くことに。
そのほかの人も電車だったので各々電車の中で解散。
僕はチャッツウッドでタクシー拾って帰ればいいかと考えていたが、美人さんに夜中はシティ以外タクシーすら走ってないよと言われちょっと不安に。
チャッツウッドもそこそこ栄えている町という認識があったのでタクシーくらい駅前にいるだろと思っていたが、本当にいない。
ていうか、人っ子一人いない。
廃墟かっていうぐらい人がいなくてびっくり。
もう歩いて帰るしか選択肢がないのでグーグルマップを開いて道順を確認。

1時間22分。まじか。
まあ、さすがに歩いているうちにタクシー通るだろと思い、しばらく歩くことに。
駅から徒歩5分。もう街灯無し。

やはり人も車も通らない。怖い。
こんな感じの道をひたすら20分。
やっと街灯がでてきた。

だけどやはり人も車も通らない。
さらに10分。売店付きガソスタ発見。

喉がカラッカラだったので水購入。
駅から歩いてきて初めて会った人間が売店の店員。
ここからさらに10分。
やっと半分くらいきた。でも人・車無し。

5分ほど進むと、川をまたぐ橋。

驚きなのは、歩道が無い。
たぶん歩いちゃだめなんだろうけど、車道を歩くことに。
ここからようやく車が出現。
この橋を渡りきるのに10分かかった。
渡りきると、Forestvilleの看板が。

やっと家の近くまで到達。
ここまでで約1時間経過。
このあたりからタクシーがちょいちょい出現。もう遅えよ。
5分後、いつものバス停出現。長かった。

もう安心。

しかし、最後の難関が残っていた。
家にたどり着くにはこの急勾配の坂を上りきらなければならない。

画像ではそうでもないように見えるけど、毎日息を切らせながらこの坂を上っていて、足パンパンの状態でこんな坂を上った日には確実なる死が待ち受けているのだ。
案の定、坂の途中でへたり込んだ。
ここで10分ほど休憩。家の前なのに。
やっとの思いで家についたが、時間が3時近くになっていた。
1時半頃にチャッツウッドから出発したので、およそ1時間半も歩いたことになる。
これは痩せるわ。
久々にいい運動になったかな。
そんなこんなで長い1日が終了。
最後辛かったけどトータル楽しかったよ。
クラブはまたリベンジしてみたいね。
で、今日は祝日で学校も休みなので適当に街をぶらつこうと思います。
また夜ぐらいには更新すると思うのでお楽しみに。

それではまた後で!