読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飯田のバリスタ日記

シドニーでの生活ぶりを報告するブログ。

27日目・禁煙17日目

こんばんは。
今日もいきり君はかましてました。
「F**k」を連発していて絶好調のご様子でしたよ笑
10歳も年上の日本人のお姉さんにちょいちょいタメ口きいててアラサーの顔を引きつらせるという離れ業も繰り広げていて面白かったです。
しかし、今日は残念ないきり方をしていてちょっと失望しました。
いきり君は当然たばこ(マルボロアイスブラスト5ミリ)を嗜まれるのですが、そのたばこについてそれはちょっとおかしいんじゃないの?と問いたくなるような発言をしちゃってた。
20越えが常識的なことを知らない・考えられないというのは恥であるのに「オレ、それはじめてしったっす(間抜け面)」とか言って寝耳に水みたいな反応されてさすがにイラッときましたね。
無知をさらけ出しても哀れなだけですよ。
オーストラリアは基本的に室内禁煙なので、公共の場の室内で吸うなんて言語道断。
それを知らなかったのはさすがにやばい。
「オレ、たまに(学校の)トイレで吸ってますよ(ドヤッ)」
じゃねえよ、バカ。
そういうことするのは自分の家だけにしとけ。
外でやるんじゃねえ。
いきって変にかっこつけたのかもしれないけど、いきり君ファンの自分としてはそのいきり方はアウト。
いきり方を間違えたらだめだよね。
もっとおしゃれにみんなをハッピーにさせるいきり方をしてください。
あと、年上のお姉さんにセクハラするのはやめてください。
醜男のくせにいきって何歳も年の離れてる綺麗めのお姉さんに下ネタやセクハラはただただイラつくのでやめましょう。
言いたいことはそれだけです。
ほかのいきり方は大いに歓迎しますので、僕たちの笑いのために今後ともよろしくお願いします笑
で、今日はいつも通り放課後に南米系軍団とUNOをやってからいつもの女性陣と台湾人のポシュと本格的なカラオケに行きました。
前回行ったところは中国機材の中華系よりのカラオケ店でしたが、今回は全室にJOYSOUND搭載の日系寄りの店にしました。
ここも学校から徒歩5分ほどのお店。
エコー・ポイントというカラオケ店に行ってきました。
ピット・ストリートというかなり賑わう通りにあります。
駅からも近くて良い立地。地図参照↓職場が学校、赤印がエコー・ポイント。

店内に入ると早速女の子が歌うJ-POPが聴こえてきて、日本のカラオケみたいだった。
客層はやはり日本人多め。
女子大生くらいの女の子がたくさんいました。
どの部屋もかなり広め。
日本のカラオケ店のパーティールームくらいの広さ。
写真参照↓慶応女子の顔が切れてる。

左の男の子がポシュ。めっちゃいい奴。マルーン5の「This Love」をしょうこさんとデュエット中。

中森明菜の少女Aを歌う19歳と21歳。選曲がすごい。

2時間で一人12ドル(前払い)でした。
持ち込み自由っぽいのでけっこういい店だと思う。
次はお酒買ってって行きたいね。(もちろん店内でもドリンク・フード購入可能)
今日はこんな感じで終了。
明日は朝からどっかのビーチで少女Aを歌ってた19歳の子の送別会(パーティー)があり、いきり君も来るらしいので何かあったら報告します。
それではまた明日!



おまけ
今日も運良く2階建てバスに乗れたので、窓からの景色の動画を撮ってきました。

シドニーの車窓から