飯田のバリスタ日記

シドニーでの生活ぶりを報告するブログ。

留学初日

みんなに見送られ幸せに渡航したのも束の間、ホームステイ先でさっそく試練が…

今回お世話になるお宅は、シドニー中心部から北へ車で約30分の場所にあるフォレストヴィルというちょっと田舎臭い住宅街のとある一軒家。

日本とは違って一応都市部なのに一軒一軒がそこそこデカい。

お世話になるスコルツさんちはプール付き。

家に着くと、一家の主であるおばさん登場なのだが、メットとマスク付けて大掛かりなDIYをやっていた。

挨拶もそこそこに荷物の整理やらなんやらを済ませ、おばさんにカタコト英語で散歩に行ってきていいか交渉。

すると、なぜか裏庭に連れて行かれ「この森を抜けるとショップ街があるから、楽しめると思うよ」「森?」

森…

知らない土地の森ほど怖いものないだろと思いながら行くのを躊躇していると、「Guts!」と一言。

直訳だと「度胸!」だぞなんか直球かよと思ったけど、自分から行きたいって言ったんだから覚悟を決めいざ森へ。

しばらく進むとスケボーを持った未成年の少年の後ろ姿が見えた。

少年はちょっとひらけたところでタバコを吸っていたらしい。

よく見ると怪しげな袋も…

ゴミも…

お母さんにバレたらしばかれかねないことをする少年の秘密の場所だったのかもね。

またしばらく歩くと目の前にフィールド出現。

ラグビーとかのやつかな

しかし、買い物行くのになかなか険しい森を毎回抜けなきゃならんのか…

森を抜けると何事もなかったかのように住宅街に入り、数百メートルあるくとショップ街が登場。

日本の商店街にちょっと雰囲気似てる。

銀行、八百屋、スーパー、雑貨屋、電気屋など一通りのものは揃うみたい。

さっそくスーパーに突入。

色合いがもろ外人センス。

牛乳常温かよ。

オーストラリアといえばティムタム。

しかもパイナップル味。

BBQ・ピクニックコーナーがあった。

さすが外人、コーラも種類豊富。

アホそうな菓子。

やはりペットボトルは高かった。

エナジー系はペットボトルよりちょい安い。

結局、ミネラルウォーターとペプシとコーヒー買って撤収。

また森を抜けて帰るとおばさん「Good!」とか言ってきやがった。

なんだかんだ楽しかったけども。

部屋に戻ってペプシを試飲。

ほんとにノンシュガーかよと言いたくなるほどクソ甘ペプシ

そして、バリスタ

これはけっこううまい!けど、コーヒーか?って感じの甘い汁。

だけど中毒性のある味なのでまた買いそう。

 

初日にしてはなかなかの充実ぶりだと思うので、楽しい留学生活になりそうです。

ただ、もう1人別の部屋に住んでる高校生くらいの中国人留学生が生意気そうなので、その辺は様子見って感じで。

 

それではまた明日!